デリナビ!

フードデリバリー配達員の登録をナビケートするブログ

MENU

じぇいぴーが運営するデリナビ!のトップページ

【2022年】Amazon Flex(アマゾンフレックス)と出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)を徹底比較!稼げるのはどっち!?

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ 友だち追加

Uber Eats、出前館、アマゾンフレックスの比較

こんにちは、デリナビ!管理人のじぇいぴーです。

昨今フードデリバリーをはじめ、配達業界で配達員(業務委託)の争奪戦が繰り広げられており、かつてない高報酬で働くことが可能となっています。

乱立したフードデリバリー業界では、2021年からM&Aや事業撤退が増えてきていますので、大資本のプラットフォーマーをしっかりと比較して、自分に合った働き方を見つけましょう! 

デリバリーで副業を考えている方は必見ですよ!

主要3社の比較表(2022年1月10日現在)

※ スマホの場合、横向きにすると多少見やすくなります。

 

Uber Eats

出前館(業務委託)

Amazon Flex

サービス概要

アプリ経由で注文された食事を飲食店から受け取り、ユーザーの手元にまで届ける仕事です。

時間と日時を自由に選べる働き方です。

アプリ経由で注文された食事を飲食店から受け取り、ユーザーの手元にまで届ける仕事です。

時間と日時を自由に選べる働き方です。

アマゾン フレックスは、軽貨物車を持っている個人事業主がAmazonの配達業務を行うサービスです。

シフト制

車両

自転車/バイク/軽車両/徒歩

自転車/バイク/軽車両

軽トラック・軽バン

募集エリア

全国

主要都市

主要都市

自営/雇用

個人事業主

個人事業主

個人事業主

条件

・18歳以上

・スマートフォン所持

 ・18歳以上

・スマートフォン所持

・配達車両所持orレンタル

・20歳以上

軽トラック・軽バン所持

・スマートフォン所持

売上

推定売上:年間450万円(関東)

1件あたり450円程度(インセンティブ含む)

※ 1時間に3件~5件

※ エリアやキャンペーン、個人の能力によって差がでます。

推定売上:年間780万円(首都圏)

1件あたり基本660円~715円。ブーストで基本×1.1倍~2.2倍になることも。

※ 1時間に3件~5件

※ 月収100万円を超える人もいます。

※ エリアやキャンペーン、個人の能力によって差がでます。

推定売上:年間500万円(関東)

関東モデルケース:2時間程度の1ブロック4,074円
※ 注文数や配達員数によっては思うように稼げないことがあります。

費用

【自転車】

車両代、スマホ代、駐輪場代、通信費、所得税等。

【車・バイク】

車両代、駐車場代、ガソリン代、車検代、車両保険、スマホ代、通信費、所得税等。

【自転車】

車両代、スマホ代、駐輪場代、通信費、所得税等。

【車・バイク】

車両代、駐車場代、ガソリン代、車検代、車両保険、スマホ代、通信費、所得税等。

【軽トラック・バン】

車両代、駐車場代、ガソリン代、車検代、車両保険、スマホ代、通信費、所得税等。

社会保険、補償

対人・対物賠償責任の保険に加えて、事故による傷害補償制度が追加。

なし。独自で任意保険加入が条件

なし。独自で任意保険加入が条件

日払いor週払いor月払い

毎週払い

隔週払い

毎週払い

勤務時間

自由(7:00~25:00)

※ 店舗による

※ 一部24時間

自由(9:00~21:00)

※店舗による

8:00〜22:00

1ブロック2時間からのシフト選択制

服装

自由

帽子のみ指定あり

自由

始め方

オンライン登録

オンライン登録

Amazon Flex のアプリ経由で登録完結

新規登録ボーナス

不定期であり

(新エリアに多い)

不定期であり

確認できず。

友達紹介キャンペーン

あり(コチラ

なし(マッハバイトのマッハボーナスあり)コチラ

なし

備考

 

1件あたりの報酬が固定。原則4kmを超える依頼はない。インセンティブによっては1件当たりの報酬が1,500円を超えることも

1週間の稼動上限を基本的には50時間、繁忙期などで60時間としている。

1.Amazon Flex(アマゾンフレックス)の概要

Amazon Flex 売上

Amazon Flexは、スマートフォンと貨物軽車を持つ個人事業主が、アプリで自身のスケジュールに合った時間を選択して、アマゾンの荷物を運ぶサービスです。

個人事業主は、自前の⿊ナンバーの軽貨物⾞で配達業務を行います。

働く⽇時を⾃由に選び、⾃分のペースで報酬を得る、そんな新しい働き⽅をはじめることができます。

世界No.1のオンラインショッピングサイトであるAmazonとの直接契約となり、安定した業務数が期待でき、報酬(売上)も安定して月額40万円程度を見込むことができます。

Amazonは日本に進出した当初、ヤマト運輸などの大手運送会社に宅配を依頼しており、その配達サービスの質の高さを背景に当日配達などのサービスを成功させてきましたが、2018年ころから大手運送会社の配送料の値上げが始まり、大手運送会社への依存度を引き下げ始めました。

現在では、アマゾン・フレックスを始めとした自社での配送網の整備を進めており、今後もその販売網が拡大することが見込まれています。

アプリのダウンロードはコチラ

フレックスプロ

週50時間程度アマゾンの配送を行ないます。

週休2日と設定すれば、1日10時間 × 5日=50時間が目安となります。

フルタイムでの働き方ということができます。

Amazon Flexのモデル報酬

【1時間の売上】

関東モデルケースとして、2時間程度の「配達ブロック(シフト)」で4,074円と公表されていますので、1時間あたりの推定売上は、概ね2,000円となります。

【1日の売上】

8時間フル稼働した場合の1日の推定売上は、16,000円(経費・税金控除前)となります。

【1ヶ月の売上】

26日稼働した場合の1ヶ月の推定売上は、416,000円(経費・税金控除前)となります。

【1年間の売上】

上記の条件で1年間稼働した場合の推定売上は、約5,000,000円(経費・税金控除前)となります。

【年間所得】

経費率をざっくり10%と想定すれば、サラリーマンの年収に相当する年間所得は、500万円×90%で約4,500,000円となります。また、所得税控除後の「手取り」は年間所得の70%程度となります。

※ 報酬(売上)はエリア、シフト、需要等により変動します。

※ 働きやすさ、アプリの性能、オーダー数等に違いがあるため、他社との単純比較はできません。

フレックサー

お子様が学校に行っている間やアフターファイブ等の隙間時間等を活用してアマゾンの配送を行ないます。パート勤務に近い働き方となります。

年齢制限

20歳以上が働けます(未成年は不可)。

就業形態

Amazonとの雇用関係はありません。Amazonと業務委託契約を締結することになります。

アマゾンフレックスの収入は給料(時給)ではなく、報酬(売上)となります。

Amazonに雇われるのではなく、個人事業主として業務委託契約を締結するため、必要経費(車両、燃料費、駐車場費用等)は自己負担する必要があります。

報酬の振込は週1回です。

働き方(配達ブロック)

自前のスマホでアプリを開くと、「配達ブロック」(時間枠、報酬額)が表示されます。

表示された「配達ブロック」(シフトのようなもの)からご希望のものを選択し、仕事を確保します。

配達ブロック

配達ブロックは2時間~12時間と幅があります。

利用車両

軽トラック・軽バン(黒ナンバー)

新たに軽貨物運送事業を始めるとき(はじめて黒ナンバーを付けるとき)は、以下の書類が必要となります。

【運輸支局での必要書類】

  1. 貨物軽自動車運送事業経営届出書(提出用・控え用の計2部)
  2. 運賃料金表(提出用・控え用の計2部)
  3. 事業用自動車等連絡書
  4. 車検証(新車の場合は、車台番号が確認できる完成検査証などの書類)コピー可

※ 届出の控えは事業をしていることの証明にもなりますので、大切に保管して下さい(再発行はできないといわれています)。

※ 現在黒ナンバーがついている自動車を譲り受ける場合は、その使用者についても手続きが必要です。

必要経費

車両代、スマホ代、駐車場代、ガソリン代、車検代、通信費、自動車保険料、所得税等。

※ アマゾンフレックスは業務用の自動車保険が必要です。

黒ナンバー用の自動車保険について

業務用自動車(黒ナンバー、緑ナンバー)に対応した自動車保険を取り扱っている保険会社は少なく、店頭での見積もり取得が一般的となっています。

そこで、ネットでも簡単に「お見積もり」が取れることで大人気の「はたらく車の自動車保険」をおすすめいたします。

引受会社は損保大手の損害保険ジャパン㈱なので安心です。

手続きもカンタンで保険開始もスピーディ、最短即日加入も可能です。

はたらく車の自動車保険(代理店:㈱未来保険、引き受け保険会社:損害保険ジャパン㈱)は以下からお見積りを取得できます。

ある1日のスケジュール

amazon flex 仕事の流れ

9:00:出社配送センターに出社:荷物の積み込み。

9:30~:配送開始:担当しているブロック内のお客様宅へ荷物を配送。

 ~10時間で60個前後の配送が目安~

19:30:配送業務終了:最大で1日12時間まで働くことが可能。 

(余裕があれば、この後にUber Eatsや出前館で働くことも可能)

実際の配達ドライバーの声はコチラ

募集エリア

関東

東京都大田区

東京都江東区

東京都豊島区

東京都府中市

東京都町田市

神奈川県茅ケ崎市

神奈川県横浜市

神奈川県川崎市

埼玉県川口市

埼玉県戸田市

千葉県船橋市

宮城

宮城県仙台市

愛知

愛知県名古屋市

愛知県尾張旭市

愛知県小牧市

愛知県みよし市

愛知県一宮市

愛知県半田市

愛知県東海市

関西

大阪府大阪市

大阪府枚方市

大阪府堺市

兵庫県尼崎市

広島

広島県広島市

福岡

福岡県福岡市

福岡県北九州市

※ 募集エリアに稼働希望エリアがない場合でも、アプリをダウンロードいただきアカウントを作成いただけます。希望地域での募集が開始または再開次第、随時ご案内いただけます。

(2022年1月10日現在)

アプリのダウンロードはコチラ

2.Uber Eats(ウーバーイーツ)の概要

Uber Eats とは、フードデリバリーを中心とした配車アプリ及びサービスのことです。

個人事業者(配達パートナー)、飲食店、注文者を繋ぐアプリ(プラットフォーム)を提供しています。

日本におけるフードデリバリー流通量において出前館と首位争いをしており、近年は日用品配送を行うUber Eats Market をオープンさせ、日本のラストワンマイル市場に参入しました。

日本では次の企業が提供・管理しています。

会社名:Uber Eats Japan合同会社

住所:〒106-0032 東京都港区六本木1丁目9番10号

Uber Portier B.V.職務執行者:セバスチャン サージ デュポン

Uber Eats のメリット

  • すぐに始められる
  • 面接がいらない(簡単な登録をするだけ)
  • 自分のペースで自由な時間に働ける(シフトが無い)
  • 自由な服装・髪型で働ける
  • 週払いですぐにお金が手に入る
  • 煩わしい職場の人間関係なし
  • お届け先との会話もほとんどなし
  • 運動不足の解消になる
  • 都心部の地理に詳しくなる
  • 人気のお店に詳しくなる 
  • 配達アプリが他社より優れている
  • お友達紹介キャンペーンを活用したキャッシュバックが受けられる

年齢制限

18歳以上が働けます。

就業形態

Uber Eats Japanとの雇用関係はありません。業務委託契約による受託となります。

Uber Eats Japanに雇われるのではなく、個人事業主として業務委託契約を締結するため、必要経費(車両、燃料費、駐車場費用、自動車保険等)は自己負担する必要があります。

報酬の振込は週1回です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のモデル報酬

2022年1月現在、1件当たりの報酬は、平均400円程度で、インセンティブを加えると450円程度と推定されます。

【1時間の売上】

4件配達した場合の1時間の推定売上は、1,800円/時(経費・税金控除前)の売上となります。

【1日の売上】

8時間フル稼働した場合の1日の推定売上は、14,400円(経費・税金控除前)となります。

【1ヶ月の売上】

26日稼働した場合の1ヶ月の推定売上は、374,400円(経費・税金控除前)となります。

【1年間の売上】

上記の条件で1年間稼働した場合の推定売上は、約4,500,000円(経費・税金控除前)となります。

【年間所得】

経費率をざっくり10%と想定すれば、サラリーマンの年収に相当する年間所得は、450万円×90%で約4,000,000円となります。また、所得税控除後の「手取り」は年間所得の70%程度となります。

※ 報酬(売上)はエリア、時期、天候、需要、能力、キャンペーン等により変動します。

※ 働きやすさ、アプリの性能、オーダー数等に違いがあるため、他社との単純比較はできません。

Uber Eats 配達パートナーになるには 

非常に簡単な作業で登録できます。

キャッシュバックが手に入る方法がありますので、ご登録を検討されている方は、ご登録前に以下の記事をチェックすることをお勧めします。

配達方法

配達方法は、徒歩、自転車、原付バイク(125cc以下)、軽貨物車両、軽自動車、125cc超のバイクから選べます。

必要経費

車両代、スマホ代、駐車場代、ガソリン代、車検代、通信費、自動車保険料、所得税等。

業務用車両の自動車保険について

業務用自動車(黒ナンバー、緑ナンバー)に対応した自動車保険を取り扱っている保険会社は少なく、店頭での見積もり取得が一般的となっています。

そこで、ネットでも簡単に「お見積もり」が取れることで大人気の「はたらく車の自動車保険」をおすすめいたします。

引受会社は損保大手の損害保険ジャパン㈱なので安心です。

手続きもカンタンで保険開始もスピーディ、最短即日加入も可能です。

はたらく車の自動車保険(代理店:㈱未来保険、引き受け保険会社:損害保険ジャパン㈱)は、以下からお見積りを取得できます。

募集エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ) では全国47都道府県の主要都市で配達パートナーを募集しています。

エリアマップについては以下の記事をご覧ください。

3.出前館の概要

出前館 はじめしゃちょー

『出前館』は、アプリやサイトから簡単に注文でき、さまざまなシーンで活用可能な全国47都道府県に展開する国内最大級のデリバリーサービスです。

サービスを開始以来、加盟店舗数は拡大を続け、2022年1月までに100,000店舗を突破しました。

フードデリバリーサービスとして始まった『出前館』は、昨今では日用品の配送など『ラストワンマイル』の領域までサービスを推し拡げ、進化し続けています。

配達員の就業形態は、パート・アルバイト・業務委託があります。

業務委託報酬は、業界No.1の高さです。

2022年1月現在、他社を寄せ付けないダントツの高額報酬なので、はじめてデリバリー業をはじめる方はもちろん、既に他社で始めている方も、出前館に登録することを強くおすすめします。

稼げるときに稼ぎましょう!

業務委託報酬の詳細はコチラの記事をご覧ください。

※ エリアによって時給・報酬が異なります。

※ 積極的なキャンペーンにより、2021年11月、ついにアプリ利用者数で出前館がUber Eatsを抜きました。

f:id:UberPartnerJP:20220113095224j:image

年齢制限

18歳以上が働けます。

就業形態

出前館の業務委託配達員は、出前館との雇用関係はありません。

出前館又は法人委託パートナー(代理店)と業務委託契約を締結することになります。

法人委託パートナーについては後述します。

出前館の業務委託配達員の収入は、給料(時給)ではなく報酬(売上)となります。

出前館に雇われるのではなく、個人事業主として業務委託契約を締結するため、必要経費(車両、燃料費、駐車場費用、自動車保険等)は自己負担する必要があります。

報酬の振込は週2です。

出前館のモデル報酬

2022年1月現在、1件当たりの基本報酬は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)は715円、沖縄は550円、その他エリアは660円となっています。

さらに土・日・祝やピークタイムにはブースト(報酬アップの倍率)が発生することがあり、この場合、基本報酬が1.1倍~2.2倍となります。

【1時間の売上】

  • 首都圏で4件配達した場合の1時間の推定売上は、平均ブースト1.1倍と推定した場合(715円×1.1≒785円)、3,140円/時(経費・税金控除前)の売上となります。
  • 関西で4件配達した場合の1時間の推定売上は、平均ブースト1.1倍と推定した場合(660円×1.1≒725円)、2,900円/時(経費・税金控除前)の売上となります。

【1日の売上】

  • 首都圏で8時間フル稼働した場合の1日の推定売上は、25,120円(経費・税金控除前)となります。
  • 関西で8時間フル稼働した場合の1日の推定売上は、23,200円(経費・税金控除前)となります。 

【1ヶ月の売上】

  • 首都圏で26日稼働した場合の1ヶ月の推定売上は、653,120円(経費・税金控除前)となります。
  • 関西で26日稼働した場合の1ヶ月の推定売上は、603,200円(経費・税金控除前)となります。

【1年間の売上】

  • 首都圏で上記の条件で1年間稼働した場合の推定売上は、約7,800,000円(経費・税金控除前)となります。
  • 関西で上記の条件で1年間稼働した場合の推定売上は、約7,200,000円(経費・税金控除前)となります。

【年間所得】

経費率をざっくり10%と想定すれば、サラリーマンの年収に相当する年間所得は、首都圏で780万円×90%で約7,000,000円、関西で720万円×90%で約6,500,000円となります。

また、所得税控除後の「手取り」は年間所得の70%程度となります。

※ 報酬(売上)はエリア、時期、天候、需要、能力、キャンペーン等により変動します。

※ 働きやすさ、アプリの性能、オーダー数等に違いがあるため、他社との単純比較はできません。

【マッハバイト】(おすすめ)

【公式】

配達方法

配達方法は、自転車、バイク、軽車両から選べます。

必要経費

スマホ代、車両代、駐車場代、ガソリン代、車検代、通信費、自動車保険料、所得税等。

業務用車両の自動車保険について

業務用自動車(黒ナンバー、緑ナンバー)に対応した自動車保険を取り扱っている保険会社は少なく、店頭での見積もり取得が一般的となっています。

そこで、ネットでも簡単に「お見積もり」が取れることで大人気の「はたらく車の自動車保険」をおすすめいたします。

引受会社は損保大手の損害保険ジャパン㈱なので安心です。

手続きもカンタンで保険開始もスピーディ、最短即日加入も可能です。

はたらく車の自動車保険(代理店:㈱未来保険、引き受け保険会社:損害保険ジャパン㈱)は以下からお見積りを取得できます。

出前館にお得に登録するには

出前館のお仕事については、以下の記事に詳細に書かれています。

こちらの記事からお得に登録することができます。

出前館の法人委託パートナーとは?

出前館ではなく、法人委託パートナーと契約するメリット、デメリットについては、以下の記事をご覧ください。

出前館の配達ノウハウ(裏ワザ)について

以下の記事には、出前館の報酬をアップさせる裏ワザが詰まっています。

 

以上、近年勢いを増しているデリバリー業界のお仕事についてまとめてみました。

ご参考になると嬉しいです。