デリナビ!

フードデリバリー配達員の登録をナビケートするブログ

MENU

じぇいぴーが運営するデリナビのタイトル

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー おすすめの銀行口座はここだ!

f:id:UberPartnerJP:20190730225140j:plain

【2019.9.17更新】

こんにちはUberPartnerJPです。

 

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが有利になる「銀行口座」をお教えします。

Uber Eats からの振り込みは海外送金なので、銀行によって対応が異なってきます。

使えない銀行もありますので、事前に準備しましょう。

ゆうちょ銀行しか持っていないと、本登録会場にいっても登録ができず出直す必要がありますよ!

 

Uber Eats の売上入金日

Uber Eats の売上(配達報酬等)は、毎週月曜日の午前4時締めの翌週払いです。

翌週の何曜日に振り込まれるのなるかは銀行によって異なる可能性があります。

私は三菱UFJ銀行ですが、翌週の火曜日又は水曜日に振り込まれています。

ほとんど翌週の水曜日又は木曜日に振り込まれています。但し、振込週の月曜日が休日だと、銀行の都合で金曜日まで振り込まれないケースもあります。(2019/9/10)

海外送金手数料

海外送金手数料は、対応している銀行であれば無料ですが、対応していない銀行ですとめちゃたかい送金手数料がかかります。

対応していない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • 信用金庫
  • ネット銀行

ジャパンネット銀行、楽天銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行、オリックス銀行、ソニー銀行、SBJ銀行 など

おすすめできない銀行

  • みずほ銀行
    マネーロンダリング防止のため、毎回(毎週)電話確認が必要
  • 新生銀行
    条件を満たしていないと振込手数料が2,000円かかる。

お勧めの銀行(Uber Eats 推奨)

マイナンバー

海外送金の申し込みには、通常マイナンバーの登録が必要となりますので、登録会場にマイナンバーカードや通知カードを持って行きましょう。

おまけ

自分の持っている口座から別の自分の口座に預金を移すときの裏技です。

楽天証券やカブドットコム証券等のインターネット証券口座を開設します。

通常、インターネット証券とネット銀行の送金手数料は無料ですので、ネット証券を経由すれば、

三菱UFJ銀行→ネット証券→楽天銀行 といった具合で手数料ゼロで送金できます。

 

楽天銀行と楽天証券、三菱UFJ銀行とカブドットコム証券は相性がいいので、この組み合わせはリアルタイムでネット証券から『出金』ができます。他の銀行への出金は、通常、翌営業日となります。

なお、ネット証券への『入金』については、どの銀行からでもリアルタイムでできるのが通常です。

以上です。

がんばって行きまっしょい!