デリナビ!

フードデリバリー配達員の登録をナビケートするブログ

MENU

じぇいぴーが運営するデリナビのタイトル

1,000名を超えるUber Eats 配達パートナーがなぜ私の招待で登録してくれたのか?

f:id:UberPartnerJP:20191224000738j:plain
こんにちはじぇいぴーです。

 

Uber Eats 配達パートナーに興味を持たれた方は、「登録ってどうやるんだろう?」と思って、「Uber Eats 登録」などとネットで検索しますよね?

そうすると、以下のようなメリットを把握することができるはずです。

Uber Eats 配達パートナーのメリット

  1. すぐに始められる
  2. 面接がいらない(簡単な登録をするだけ)
  3. 自分のペースで自由な時間に働ける(シフトが無い
  4. 自由な服装・髪型で働ける
  5. 週払いですぐにお金が手に入る(週に10万円を超える人も!)
  6. 煩わしい人間関係なし
  7. お届け先との会話もほとんどなし
  8. 運動不足の解消になる(スーパーエクササイズ)
  9. 都心部の地理に詳しくなる
  10. 人気のお店に詳しくなる 

「へぇ じゃあ登録してみようかなぁ」ということで、Web登録しようとすると、

なにやら『招待コード』なるワードに気が付くはずです。

 

そこで、多くの方は『Uber Eats 招待コード』で再度検索をかけるでしょう。 

そうすると、Uber Eats 配達パートナーの「お友達紹介キャンペーン」があり、紹介者(紹介した人)にUber Eats から数万円の「紹介料」が支払われていることを知るはずです。

さらにその紹介料を原資に、被紹介者(紹介された方)に「謝礼金」や「応援金」を支払っているパートナーがいることもわかるはずです。

ここまでくれば、応援金を貰わなくては損であることは自明の理ですね。

 なお、『Uber Eats 紹介料』でグーグル検索すると、最上位には私のブログ(UberpartnerJP's blog)が表示されるはずです。

なぜ最上位に位置するかというと、Google の bot にこのキーワードに関しては最も価値のある情報だと認識されているからだと思われます。

私の招待コードが多くのパートナーに選ばれる理由

さて、多くのブログでキャッシュバックがなされているなか、どのパートナーからキャッシュバックを受けるのか、みなさん迷うはずですが、結果的に多くの方々が私のブログに辿り着き、新規登録してくださっております。

誠にありがとうございます。

 

なぜかなぁと自己分析した結果、その理由は以下の通りではなかろうかと、独り合点に至りました。

  1. 2,000名を超える、圧倒的なご紹介実績
  2. 最高レベルのキャッシュバック
  3. 完全な透明性
  4. 疑問点を残さない丁寧な説明
  5. Uber Eats の規約に準拠
  6. 必要以上の個人情報(電話番号や住所など)を聞いたりしない。
  7. お問い合わせに対する高速レスポンス
  8. 条件達成が確認できたら即お振込
  9. 配達のコツなどが書かれた「配達パートナーのノウハウPDF」をプレゼント

さらに、ご登録された後にも、例えばUber Eats に理不尽なことをされたので少し相談に乗ってほしいとか、ぜんぜん注文が来ないからなにかコツ教えれとか、そういったことがあれば是非ご連絡下さい。

出来る範囲で相談に乗ります。

実際、Uber Eats の不手際で紹介料(及び謝礼金)が少なくなりそうになったときに、私のネットワークの中で優秀な方が最速で解決策を見つけ出して、その方法をすぐに私にご連絡してくれました。

私はその解決方法を招待させていただいた皆さんにシェアさせていただきましたので、難を逃れた方も多かったと思います。

 

上記の件では、Uber Eats さんがかなり酷い対応(抗議しない者は救済せず)をしたので、気付かないで(数万円)損した方や、論理的に抗議ができずに泣き寝入りされた方も多かったのではないかと思います。

私のネットワークの中には、物事を論理的に考えることが得意な人間や、法律に強い方、配達のコツをご存じの方、自転車に詳しい方、ITに詳しい方など、様々な方がいらっしゃると思います。

こういった横のネットワークって今のところ少ないと思うのです。

「労働組合って言われてもよくわからないし、LINE@でグループに入るのも面倒だし、ゆるーく大事な情報だけが欲しいんだ、単に安心が欲しいんだ」という方は、是非私のブログを覗いてみてください。

私はツイッターもやっていますのでお気軽にメッセージ下さい。

冗談でも愚痴でも結構です。

 

何か困ったときに一人では心細いし、困ってなくても一人では不安だと思います。

近くに仲間がいるということをジワッと感じながら、フードデリバリーを始めませんか?

ご紹介実績

当ブログにお寄せいただいたコメントは、以下の記事の末尾に掲載されております。

是非ご覧ください。