デリナビ!

フードデリバリー配達員の登録をナビケートするブログ

MENU

じぇいぴーが運営するデリナビ!のトップページ

menu(メニュー)のお支払い方法 | 使えるクレジットカードや電子マネー | 今すぐ使えるクーポンもご紹介します。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ 友だち追加

f:id:delinavi2:20211212195142p:plain

こんにちは、Uber Eats 配達パートナー紹介実績No.1のじぇいぴーです!

今回は、menu(メニュー)で利用できる支払い方法(決済方法)についてご紹介します!

すぐに使えるお得なクーポン情報はコチラよ!!

配達員の紹介キャンペーンの一覧はコチラですよーヨホホー

2021年12月現在、menu(メニュー)で利用可能な支払い方法(決済方法)は他社に比べて少なく、menuは現金決済にも対応していません。

それぞれの支払い方法(決済方法)のメリット・デメリットや、クーポンの利用方法についても詳しく解説していきます。

使える支払い方法(決済方法)

menu(メニュー)ではクレジットカードやデビットカード、au Payでのお支払いが可能です。使えるクレジットカードが充実しています。

ご利用可能な決済方法
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • au Pay

現金決済ができなくて困ったわ!!!

au Payが使えるよー

使えない支払い方法(決済方法)

menuは、電子マネー、Apple Pay、現金での支払いができません。

ご利用できない決済方法
  • 電子マネー(Suica、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPayなど)
  • PayPay(ペイペイ)
  • Apple Pay(アップルペイ)
  • Google pay(グーグルペイ)
  • Uber Cash(ウーバーキャッシュ)
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • amazon Pay(アマゾンペイ)
  • 携帯キャリア決済
  • 口座振替
  • コンビニ支払い
  • 現金決済(代引き)

今後は、利用できる支払い方法がもっと増えそうね!

早く宝払いできるようにならねーかなー

カード支払いのメリット・デメリット

クレジットカードとは、ご利用の翌月以降にカード会社から請求されるタイプのカードです。

menu(メニュー)では、VISA、Master、JCB、Amex、Dinersは基本的に利用可能です。

デビットカードとは、銀行口座残高を引き落とす形で使うカードです。

menu(メニュー)では、VISA、Master、JCB、Dinersから発行されているカードは使うことができます。

ただし、一部利用できないものもあります。

カード決済のメリット

【事前にキャッシュレス決済】

menu(メニュー)のアプリで、カード情報を登録しておけば、商品を注文時に事前に支払いを完了することができます。

あとは商品を受け取るだけなので、配達パートナーとのやりとりもほとんど必要ありません。キャッシュレスでお買い物ができます。

【置き配注文(非対面)が選択できる】

置き配注文(非対面)が選択できますので、配達パートナーとの接触を最小限で済ますこともできます。

配達パートナーと対面しなくていいので、女性がひとりで注文するときでも安心してご利用いただけます。

感染症予防対策としても置き配が推奨されています。

【ポイントがたまる】

カード会社が提供している特典として、ポイントがたまることがあります。

【キャンペーンを開催しているときがある】

menu(メニュー)とカード会社がコラボレーションしてキャンペーンを開催しているときがあります。

カード決済のデメリット

クレジットカード:利用限度額、有効期限等の影響により利用できない状態にあると注文できません。

デビットカード:カードの残高が不足していると引き落としができず、お料理を注文することができません。

カード決済は便利ですが、ついつい使い過ぎてしまうことがありますので、使いすぎには注意が必要です。

au Pay決済のメリット

【置き配注文(非対面)が選択できる】

カード支払い、オンライン決済と同様に「置き配」を利用することができます。

配達パートナーと対面しなくていいので、女性がひとりで注文するときでも安心してご利用いただけます。

感染症予防対策としても置き配が推奨されています。

【ポイントがたまる】

au Payの特典として、ポイントがたまることがあります。

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu, Inc.無料posted withアプリーチ

タダメシクーポン

クーポンが適用されないとき

クーポンコードが使えないお店ではクーポンコードを入力しても「クーポンコードは有効ではありません」と表示されます。ご注意ください。

menu(メニュー)では1回の注文で1つのクーポンしか利用することができません。

タダ乗りクーポン

配達員のご紹介

フードデリバリーはUber Eats 出前館DiDi Food(ディディフード)Wolt(ウォルト)foodpanda(フードパンダ)menu(メニュー)などたくさんあり、複数登録すると、単にお仕事のバックアップができるだけでなく、次の3つの大きなメリットがあるので、簡単にご紹介いたします。

❶ 新規登録キャンペーンの恩恵がそれぞれの会社から受けられる。

ご存じの通り、現在はフードデリバリー各社で激しいシェア争いをしています。

特に配達パートナーの確保は重要な課題で、紹介キャンペーン、特別インセンティブ等を使って配達パートナーの確保にチカラをいれています。

この「紹介キャンペーンバブル」ともいえる状況はいつ終わってもおかしくありませんので、早目に恩恵を受けておくことをおすすめします。

有利なインセンティブを選択できる。

配達パートナーへのインセンティブは、各社で異なりますので、複数登録していることにより、その時期の有利なインセンティブを選択できるという大きなメリットがあります。

テレビCMやSNSでの宣伝も売上に影響します。複数登録していると、そのときに一番有利なキャンペーンを行っているプラットフォームを選ぶことができます。

最近では、出前館が2.0倍ブーストを行ったのが話題となっています。

Uber Eats が1件の配達で400円前後得られるところ、出前館は時間限定ですが(基本報酬)715円 × 2.0倍ブーストで、1件あたり1,430円稼げることがあります。さらにスタートダッシュキャンペーンで30%増額されていますので、1件あたり1,640円の報酬が得られます。このとき1時間に4件配達したとしたら、6,560円/時の稼ぎとなります。

これは出前館に登録していなかったら逃してしまうチャンスです。

紹介報酬のチャンスが広がる。

世間では、配達員の収入は「配達報酬」だけと思われているかもしれませんが、これは誤りです。

配達員には大きく2つ、「①配達報酬」と「②紹介報酬」の収入チャンスがあります。

複数登録しておくと、この「②紹介報酬」のチャンスが大きく広がります。

例えば、東京のUber Eats 配達パートナーがご家族・ご友人をご招待したら、2021年12月現在、Uber Eats から35,000円程度の紹介報酬が得られます。

ここでさらにWolt にも招待し、その招待されたご家族・ご友人が所定の条件を満たしたら、お一人につきWolt から50,000円の紹介報酬が貰えますので、Uber Eats とWolt の2社だけでも合計85,000円/人の報酬が得られる状態になります。

この状態を大きなメリットと捉えるか、無視してしまうかで、年収に大きな影響がでると思います。

・フードデリバリー各社の進出状況【都道府県一覧】はこちら

www.delinavi.net

LINEで友達追加していただければ、すぐに招待メッセージ(フーデリ各社の招待コード)をお送りいたします。

「登録する前に招待された」という証拠が残りますので、是非LINEのお友達登録をお願いします。

f:id:UberPartnerJP:20211031210610p:plain