デリナビ!

フードデリバリー配達員の登録をナビケートするブログ

MENU

じぇいぴーが運営するデリナビ!のトップページ

10万円の給付金 カードリーターで簡単申請!やさしく解説!【特別定額給付金】

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ 友だち追加

f:id:UberPartnerJP:20200507135244p:plain

こんにちは、UberPartnerJPです。

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の特別定額給付金のオンライン申請をしたのですが、けっこう躓いたので、だれでもわかるように、手順をメモいたします。ご参考お一助となれば幸いです。

私は、机の奥から、SONY 「パソリ」RC-S330(生産終了)を引っ張り出して「マイナンバーカード」を使って申請することができました。

 【必要なもの】

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードの利用者証明用の4桁のパスワードを覚えている。また、ロックされていないこと。
  • マイナンバーカードの署名用の6桁~16桁のパスワードを覚えている。また、ロックされていないこと。
  • (PCの場合)マイナンバーカードに対応したICカードリーダー(対応機種)
  • (スマホの場合)オンライン申請に対応したスマホ(iPhone7以降等)(対応機種)
  • 申請者名義の銀行のキャッシュカード

 

なお、iPhone7以降の機種など、スマホからでも申請が可能です。いずれにせよマイナンバーカードは必須で手順はほぼ同じです。

パソリが読み込まない??セッティングが必要!

いきなり躓きやすいところですが、SONY「パソリ」RC-S330の場合、まず、カードリーダーをセッティングする必要がありました。

パソリがマイナンバーカードを読み込まなかった方は、以下の手順でセッティングしてみてください。

  1. カードリーダー(SONY「パソリ」RC-S330)をPCに接続。
  2. NFCポートソフトウェア」をSony「felica」ホームページよりダウンロード&インストールします。
  3. PC/SC アクティベーター for Type B」をSony「felica」ホームページよりダウンロード&インストールします。

マイナポータルAPをインストールしよう!

※ マイナポータルAPのインストールが済んでいる場合、マイナポータルのぴったりサービスから給付金申請します。

※ スマホの方は、App Store又はGooglePlayで「マイナポータルAP」と検索してアプリをダウンロードします。

  1. マイナポータル」へアクセスします。f:id:UberPartnerJP:20200506162437p:plain
  2. 特別定額給付金の申請(ぴったりサービス)「申請はこちら」を押下。
  3. 「地域を選んでください」とあるので「郵便番号」を入力して「地域を検索」ボタンをクリック。
  4. 下の「ぴったり検索」の中から「特別定額給付金」にチェックをして「この条件でさがす」ボタンをクリック。ここで特別定額給付金の要項が表示されていない場合、まだ給付金の実施がスタートしていない地域となります。5/1現在、679の自治体でスタートしているため詳しくは各市町村のHPをご覧ください。f:id:UberPartnerJP:20200506162828p:plain
  5. 再度、特別給付金にチェックを入れて申請するを押下。f:id:UberPartnerJP:20200506163040p:plain
  6. しつこいけですど、再再度「特別定額給付金」を押下。電子署名が必要と表示されますが、マイナンバーカードがあれば大丈夫です。f:id:UberPartnerJP:20200506163317p:plain
  7. 下記画像のように、「マイナポータルAPがインストールされていません」と表示されたら、画面の指示に従ってマイナポータルAPをインストールします。f:id:UberPartnerJP:20200506163850p:plain
  8. Google Chromeの場合、Google Chrome用インストーラをダウンロードします。f:id:UberPartnerJP:20200506164039p:plain
  9. 画面の指示に従って、インストーラを実行します。f:id:UberPartnerJP:20200506164404p:plain
  10. Google Chromeの拡張機能を追加します。正直よくわかりませんが、画面の指示通りに進めていきます。f:id:UberPartnerJP:20200506165058j:plain
  11. 拡張機能を追加したら、Chromeを一旦閉じます。(※ このまま進めたら、カードリーダーが読み込みませんでしたので、ここで再起動することをお勧めします。
  12. マイナポータルのトップページにアクセス。
  13. 右側に表示されている「ICカードリーダでログイン」をクリック。
  14. 案内が表示されるので、ICカードリーダーにマイナンバーカードを載せる。※1
  15. マイナンバーカード発行時に設定した利用者証明用のパスワード(4桁)を入力。f:id:UberPartnerJP:20200506170827p:plain
  16. マイナポータルへアクセス完了となります。

※1 私はここではエラーコード「EW144-1500」が表示されてしまいましたが、カードリーダーを接続したまま、PCの再起動をおこない、再チャレンジすることでマイナポータルへログインできました。

給付金の申請をしよう!はやくくれ!

給付金を申請します。途中まではさきほどと同じなのでスムーズに進むはずです。

  1. マイナポータルのトップページから、ぴったりサービスにアクセス。
  2. 「地域を選んでください」とあるので「郵便番号」を入力して「地域を検索」ボタンをクリック。
  3. 「ぴったり検索」の中の「特別定額給付金」にチェックをして「この条件でさがす」ボタンをクリック。
  4. ※ここで特別定額給付金の要項が表示されていない場合、まだ給付金の実施がスタートしていない地域となります。
  5. 「特別定額給付金」の要項が表示されている場合、チェックをして「申請する」ボタンをクリック。
  6. 確認ページが表示されるので「次へすすむ」ボタンをクリック
  7. 動作確認環境のページが表示されるので、すべてOKなことを確認したうえで、STEP4内をすべてチェックf:id:UberPartnerJP:20200506172801p:plain
  8. 「ご連絡先画面の入力」が表示されるので電話番号若しくはメールアドレスを入力し、「次へすすむ」をクリック。
  9. 「申請者情報の入力」ページが表示されます。ここで「マイナンバーカードの読み取り」ボタンをクリックすることで「氏名(漢字)、住所、性別、生年月日」を自動入力することができます(手入力でもOK)。
  10. 「申請情報の入力」が表示されたら、給付対象者1が世帯主であることを確認します。
  11. 給付対象者(2-10)に、世帯に紐づく家族の名前を入力していきます。(例)妻を給付対象者2、子供を給付対象者3に入力。
  12. 給付金額合計は後に自動算出されるため、未入力。
  13. 銀行情報を入力。
  14. 「入力内容の確認」を確認し「次へすすむ」をクリック。
  15. 「添付書類の登録」ページが表示されたら、添付する申請者名義の通帳やキャッシュカードの画像(口座番号、カナ氏名等が分かるもの)を添付して「次へすすむ」をクリック。
  16. 「電子署名の付与」ページが表示されたら、カードリーダーにマイナンバーカードを載せます。
  17. 「電子署名を付与する」ボタンをクリック。
  18. マイナンバーカード発行時に作成した6桁~16桁の署名用パスワードを入力します。(※ 5回間違えるとロックしてしまい、市町村に出向かなくてはなりませんのでご注意ください。誰もが「結局パスワードかよ!マイナンバーカード意味ねー!」と思うはずです。焦らず正確に入力しましょう!f:id:UberPartnerJP:20200506171416p:plain
  19. 電子証明書が付与されたらウインドウが進むので、最後に「情報を送信ボタン」をクリック。f:id:UberPartnerJP:20200506174859p:plain

 

以上です。

お疲れさまでした!!

当ブログではギグワーカーを応援しています。ご興味がございましたら、是非以下をご覧ください。

uberpartner.hatenablog.com

uberpartner.hatenablog.com